ぴーなっつの投資日記

新卒社会人です。自由な生活を夢見て、投資をしていきます。そして一流の男を目指します。3日に一回更新、月10本!!

【書籍】ジェフ・ベゾス 果てなき野望

どうも!

ぴーなっつです。

 

現在は、新卒社員として働き始めて、ちょうど4週間が経過したところです。

 今回、「ジェフ・ベゾス はてなき野望」を読みましたので紹介します。

 

----------------------------------------------------

 

何と言ってもこの方、アマゾンの創業者。

利益率は1%くらいなのに、数々のイノベーションを推し進め、時価総額はなんと約4780億ドル(約53兆円)。ECの巨人として座しているアマゾン。

 

彼の総資産はなんと728億ドル。1年間で276億ドルも資産を増やし、世界3位に。

フォーブス7月号の表紙にもなっている。

 

「フォーブス7月号」の画像検索結果

Forbes JAPAN(フォーブスジャパン) 2017年 07 月号 [雑誌]

 

 

 

そんな彼とアマゾンの2013年までの軌跡を描いたのがこの本。

 

 

正直読んでいて、凄まじい人であると感じた。

以下、数点列挙する。

 

1.物理法則しか制約条件だと思っていない。

 この方。スーパー合理的。

・人がいないなら雇えばいい(人事も大変。ここでも無茶振りはすごい)

・初期から一緒にやってきたシステムの人も、より優秀な人に変える

・最初から作る必要があるなら作ればいい。(キンドルなんか、ハード作ったことないのに、担当者に0から作れと無茶振り。)

・宇宙に興味あるからブルーオリジン作っちゃえ。

・邪魔なら叩きのめせばいい。(アマゾンに破れさった、買収された企業は数知れず。)

 

ほんとに思考に制約がない。

 

「世の中にはまだ発明されていないものがたくさんある。

今後、新しく起こることもたくさんある。
インターネットがいかに大きな影響をもたらすか、また全然わかっておらず、だからまだ始まったばかりだ。」
 
こんな信念を持っている。素晴らしい。
彼とアマゾンからは目が離せない。
f:id:peanuts_nanpa:20170603101931p:plain
 
 
2スーパー挑戦的
ベゾスは失敗することを恐れない。
これぞと決めたら掛け金を積み増しまくる。
・赤字のままいっきにフルフィルメントセンターを拡大
・オークションサイトでイーベイと正面衝突
キンドルの開発へ
AWS事業への乗り出し。ecだけじゃないのだ

玩具の仕入れに1億2000万ドル使った。「そんなに売り切れない」という声は潰す。

f:id:peanuts_nanpa:20170603101739p:plain

 

 

3イノベーティブ

amazonの起こしたイノベーションは数知れず。

時代を作ってきたし、

これからも作っていってくれるだろう。

どんな発想をしているのであろうか。

ーアマゾンン起こしたイノベーション
オススメの本、パーソナライズ
ランキング
ワンクリック
プラットフォーム化。競合他社の商品を同列に並べたことが転機
アマゾンマーケットプレイス。最初は古本
アマゾンプライム。安すぎず高すぎない料金
サーチインサイドザブック
ダッシュボタン
Alexa、amazo echo
amazon flesh

「アマゾン ダッシュボタン」の画像検索結果

4市場をごっそり取りに行く

アマゾンは常に市場のリーダーシップを取ろうとしている。

 

「世の中には、いかに高く売ろうとする会社と、いかに安く売ろうとする会社がある。アマゾンは後者だ」

 

アマゾンは顧客志向である。

いかに安く届けるかということに力を割いてきた。

書店業界とは正面衝突。

戦争並みの戦いを繰り広げてきた。

 

商品が増えると、顧客の体験の価値が上がり、訪問者が増える。そしたら売りても増え、更に商品が増え成長できる。

そこに、さらなる投資でコスト削減を行い顧客に還元する。

 

アマゾンは従来の常識には縛られない。

理想の状態に行くためだったらなんでもするのだ。

そして市場をかっさらっていく。

下の図は有名なベゾスの紙ナプキン。

 

・ ベゾスの紙ナプキン

f:id:peanuts_nanpa:20170603100121p:plain

 

 5知的好奇心の塊

 彼は読書家。

ビル・ゲイツもザッカバーグも例にもれず読書家。

読書は金持ちになるためには必須なのではないか。

 

ベゾスも尋常じゃないくらい本を読むらしい。

メモはすごい量するみたいだし、どんな人からも学ぶ。

 

「本」の画像検索結果

 

 

こんな具合で、すごく面白い読書となった。

ぜひ読んでみていただきたい。